You&I

w-inds.10th Anniversary BEST LIVE TOUR 2011
2011年10月2日 宇都宮市文化会館大ホール



松戸ライブ、そして宇都宮ライブに行って参りました~

もう、夢のような2日間でした

なぜなら、2日間とも、4列目という超☆龍席で見ることが出来たからです

チケットが届いた時は、ええっ~!!ってびっくりしました

本当にほんと~にありがとうございます(^^)

えへへ。
そりでは、最新の宇都宮のライブレポから いきましょうか?(笑

宇都宮まで、行きは節約で
普通列車で行きました!
新幹線で行くのと倍以上値段が違うんですよ~。

今まで、あんまり気にしなかったのですが
坊主の人って結構いるんですね~。
私の隣に座ってた人も斜め前に立ってた人も坊主でした(笑

龍たんが隣に座ってくれたらいいのに

龍たん、流行の最先端をいってるのでしょうか?
ロン毛ブーム、早く来ておくれ~(笑

宇都宮まで2時間くらいかかったかな?
途中、眠って、横のしきりみたいなとこで
頭をぶつける(笑  いちゃい



ライブが始めり
もうね。龍たん にっこにっこ
松戸ライブの時もそうだったんですけど
笑顔・笑顔・笑顔でね。

あっちのダンサーさんと笑いあい こっちのダンサーさんと笑いあい
(笑いあいと書いてますが、ダンサーさんが笑ってたかどうかは、見てないんでわかりません/笑)
さらにあのダンサーさんとまで・・・。

キィ~。(ジェラシー/笑

私にもスマイルプリーズ(笑

龍一くんの笑顔を見てるだけで、にゃは~☆って自分の顔がゆるみっぱなしでした(笑


やっぱりね。
札幌に帰った後の、龍一くんは違いますね
故郷パワーかな?


ステージが近いでしょ。
龍一くんと目が合うんですっ!!
きゃ~~~

はっ!!龍一くんが、私のことを見ている

「い、い、今、私のこと見ていますか?」とご本人にお聞きしたい(笑

めちゃめちゃドキドキしました



慶太くん「龍一くん、もっと自分を出していこう!」
龍一くん「緊張する」
慶太くん「10年ライブをやってきたのに 緊張するんですか?(笑」

その後、龍一くんが、ヒップホップみたいなしゃべり方とかしてて
笑えました(笑


ゲームの話
龍一くん「4時まで(慶太くんと一緒に)ゲームやってた」
慶太くん「龍一くん、弱い(笑」
龍一くん「俺が階段のとこで立ってて(実際にステージの階段の上に立つ龍一くん)
      慶太が(敵を)倒してくれた」

涼平くん「ゲームたって一緒に(同じ場所で)やってるんじゃなくて 機械でやってるんだよ?」
龍一くん「パソコンのこと機械だって(笑」
涼平くん「知らない人もいるかもしれないからさ」
私、知らない人でした(笑 一緒にやるっていったら、同じ場所でやってると思ってました(笑


ゲームを一緒にやらない?と涼平くんを誘っているが
やらないと涼平くん

慶太くん「涼平くんは、ほんと頑固だね~。」

その後 龍一くんがぼそっと「親父」って言ってたのが
私のツボでした(笑

涼平くんは、モンハンしかやらないらしく
龍一くん「俺、知ってる。そういうの神ゲーっていうんでしょ?」
そうなんだ~。
慶太くん「オタクだな~(笑」


ギョウザのお話。
慶太くん「ギョウザ、楽屋についてすぐ食べた。
      3種類あって、水餃子・焼き餃子・(もう1コ何か忘れました)
      すごいおいしかった!なんであんなにもおいしいんだろう?」

龍一くん「それは、昨日のお昼がまずかったからじゃないですか?」

慶太くん「クレームですか?ステージの上でクレームですか?」


龍一くん「昨日、お昼にタコライスが出たんですけど
      僕の口には合わなくて、貴族の僕の口には合わなくて
      鍋焼きうどんを頼んだんです。涼平も一緒に頼んで
      食べてて、かまぼことか 油揚げとか 貴族の具が色々入ってて」

慶太くん「あれ?(今まで)僕が食べてた 鍋焼きうどんも同じ具入ってましたけど(笑」

龍一くん「貴族だったんじゃない?」
ぶぶぅ~(笑

慶太くん「僕、貴族だったんですか! あっ!そういえば、お坊ちゃまって呼ばれてた」

龍一くん「どれを食べようかな~?と思ってたら虫が入ってた」
ええっ!!
龍一くん「(涼平くんのと)逆だったらさ~。」

慶太くんが、誰やらが、作った料理に虫が入ってたら
虫も食べなさいみたいに言ってたと話してました

龍一くん「俺は、虫とか平気だけど」
私、虫とか髪の毛とかダメ~。


お客さん「あれやって~!!」
あれとは、松戸のライブに行った人だけが知ってるあれである(笑

涼平くん「これは、みんなが悪いっ!
      あれほど言うなと言ったのに!!」
雪女のセリフのようです(笑

でも、結局 あれをやってくれる

「眠くなってきた」

ステージの階段のとこに座る 龍一くんと慶太くん

そして、眠る慶太くん

龍一くん「(慶太くんに)起きて!起きて!」
なかなか起きない慶太くん

龍一くん「ジリリリリリリリ・・・・。」

う~んって感じで目を覚ます慶太くん

そして、龍一くんのかぶってた帽子を取って
龍一くんの頭をバシッとたたく


「もうこれ、絶対やらないから!!」とメンバー

涼平くん「(今度)やってって言ったら、そっちが悪いってことになるからっ!!」


会場は、盛り上がってたけど
私は、龍一くんが頭たたかれるの見たくないな~。


横アリライブのお話から
龍一くん「12月25日 小学校とかは、もう休みに入ってる(^^)」
慶太くん「えっと。小学生の人は、ちょっと見あたらない(笑
      w-inds.がデビューした時に、
      小学生だった人はいるかもしれません。」
はいっ!と手を上げるお客さん
涼平くん「あの時のっ!!大きくなったね~」
ぶは~(笑



「You&I」
♪一つになるのが~♪のとこで龍一くんが前に歩いてくるあのフリ大好き

んで。4列目で見ると
龍一くんが歩いてきた~!!
うきゃ~(≧▽≦) 超近いよぉ~

最高でした!


何の曲だったか
龍一くんの舌がエロかった
きゃ~ きゃ~ きゃ~


エロイと言えばっ!!
「W.O.L(Wonder Of Love)」
♪”もしも”や”過去”のことで♪のとこで
大事なとこをつかんで ぐりん
最高じゃった

フリを考えた人、ありがとう(笑

実は、松戸の時は、ちょうど前の人で
しっかり見えなかったのぉ~。

やっぱり近くってほんっといいですね~

いつもは、龍一くんのお顔を中心に見ているのですが
なぜだろう?
あ~いうフリの時は、龍一くんの大事なとこをロックオン!!(笑

ピコーン。ピコーン。
これって、私のドラゴンレーダー?(←龍(ドラゴン)一くんだけに/笑


「Chillin’ in the Daydream」
曲の始まりのとこの
龍一くんの後姿がカッコイイのなんのって~


「RAINBOW HILL」の龍さんは、とても神々しかったです


何の時だったか
龍一くんが「ハッピー」と言いながら両手を高らかに上げて振る
そんな龍一くんを見ている、私もハッピー


「ラストスパートです」
ええっ~!!
慶太くん「今、時計見たでしょ?」
龍一くん「(自分の腕を見て)ここに傷があるでしょ?(慶太くんに見せる)」
はいっ?みたいな感じの慶太くん
龍一くん「俺、お酒飲みすぎると ここが赤くなる 時計みたい」
慶太くん「時計じゃありません(笑」
お酒のバロメーターってとこでしょうか?


アンコールの時の 龍一くんがしてた黒の革の手袋
カッコ良かった

アンコールは、サングラスで登場の龍一くんだったわけですが
2回くらいサングラスから、ちらっとお目目を見せてくれる龍一くん

「Some More」の時だったかな?
シャツをかなり上まであげて、肉体美を見せてくれる龍一くん

きゃ~~~~(≧▽≦) 叫んじゃった


龍一くん、いつの衣装だったか忘れましたが、上着を脱いで白Tになってたし
アンコールの時も最後に上着を脱いでたし
龍一くんが、脱ぐたびに、おおっ~!!って心の中で喜んでました(笑


3階・2階席ありがとう。と手をふるメンバー
2階から前の方に伸びてる席を
龍一くん「貴族席!」
ぶぶぅ~(笑
涼平くん「貴族がいっぱいだね。」



アンコール最後
♪さよなら さよなら さよなら~♪歌い出す慶太くん

自転車に乗るジェスチャーの龍一くん(笑

こないだ、めざましで小田和正さんが自転車に乗ってたの見たばっかりだったから
大笑いでした(笑

小田さんと言えばって、「自転車」ってパッと出てくる龍一くんがすごいっ!!

龍一くん、帰ろうとしてて
思い出し、ステージの階段に置いたサングラスを取りに行く

涼平くんが、龍一くんの脱いだジャケットを持っててくれて

慶太くん「いつも涼平くんが片づけてくれるんですよ。」

龍一くん「ハートが(胸をトントンとして)熱い奴だぜ!」
オ~イェ~♪ ロッケンロール☆


宇都宮ライブ、超楽しかった~!!

w-inds.のみなさまっ。本当にありがとうございました☆


宇都宮でもガチャガチャにれっつチャレ~ンジ
画像

ほんとは、慶太くんのが出たんですけど、龍一くんのと交換していただきました
交換してくださった方、本当にありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック