ひちゅまぶし☆

CNBLUE
Zepp Tour 2011 ~RE-MAINTENANCE~
2011年1月13日 Zepp Nagoya

CNBLUEのライブに行って参りました~。
久しぶりのライブハウスにドキドキ。

そう。ライブチケット!
画像

最初届いたときに、へっ?会員証??って思っちゃいました(笑
これ、チケット見せる時に回収されちゃったらイヤだな~と思いましたが
見せるだけでした ほっ。
チケットと一緒に、身分証も見せるんだよ~。
お客様なのに、どんだけ疑われてるんだろうみたいな(笑

ライブハウスが久しぶりすぎて、チケット見せて、身分証見せて
ドリンク代500円をコインに変えて

ここまで順調だったんですけど、もう一人スタッフの人がいて
まだ何かあったっけ?と思ってたら
カメラチェックを行っております~と言われ
急いで、カバンを開けました 忘れてた~ てへっ。

会場の中に入ったら、余裕で段差の上にいけた~。
みなさん、前の方に行く方が多いみたい。
よく見えるよぉ~!!

私の場所は、ちょうど、ベースのジョンシンくん前くらいでした~。

ライブハウスって、場所をとっても、しばらく落ち着かないのはなぜだろう
なんか、いつもそんなあせらなくていいのに、上着を脱いだりするのを
あせってしまう(笑
場所を確保できたという興奮からなのかしら?(笑
みなさんは、どうですか?(笑


会場には、たくさん人がいたけれど、後ろの方は、そんなにギュ~ギュ~じゃなくて
余裕がありました。
私が見てた限り、押し合ったりする様子は見られませんでした。
前の方では、壮絶な女の戦いがあったかもしれませんが(笑

私は、段差の上だったし、とても平和でした(笑

CNBLUEのライブは、心があったかくなるライブでした。
自然と笑顔がこぼれるような

会場が暗くなり「Intoro」が流れたのかな?
ミンヒョクくん(ドラム)が最初に登場!!
手を振ってお客さんに答えます。
次が、ジョンヒョン(ギター)だったかな?
んで。次が、ジョンシンくん(ベース)だったかな?
最後は、ヨンファ兄さん(ボーカル)
ファンの人の歓声が一番大きかったです。
みんな、お手手フリフリお客さんに答えてくれますぅ~。

こう、バンドのライブというと、
私の中では、クールにメンバー登場っていうイメージだったんですけど
さわやかなメンバーの登場に、笑顔でサイリウムフリフリ(笑

「Let’s Go Crazy」からスタート。
ファンの方のブログを拝見して大阪ライブのセットリストをチェックして
一応、その曲順に聴いていこうと思ったけど
時間がなくて途中で断念(笑

知らない曲は、1曲くらいあったかな~?

ヨンファ兄さん「みなさん、走りますか~?」
準備は、いいですか?みたいな意味で使ってるのかな?
ライブ中、よく、この言葉を言ってました。


私がライブで見たメンバーの印象

ヨンファ兄さん(ボーカル&ギター) 一番年上ということで、威厳がありました。
韓国では、1コでも年が上だと「ヒョン」と呼んで敬うみたいなこと
アジアクロスロードで言ってましたよね~。
本当にその通りで、他のメンバーがヨンファ兄さん ヨンファ兄さんと
ヨンファ兄さんを盛り上げてました(笑

左手の薬指には、カップルリングがキラリ
ヨンファ兄さんのカップルリングを見ると幸せになれる(←私が、勝手に作ってみました/笑)

ジョンヒョンくん(ギター&ボーカル) ムードメーカーじゃないでしょうか?
おもしろいし~。性格的に、彼が好きかも~。
私の憧れのO型さんだし~


ジョンシンくん(ベース&ラップ) 私の真ん前だったので、彼を一番見てたかも。
美形 そして、どSかな?(笑

ミンヒョクくん(ドラム) かわいい。さすが、LOVELY担当 おしゃべりする時に、わざわざ立ち上がってしゃべってるところが好印象☆
MCの時に、自分の手を見て「遅くなりましたが、明けましておめでとうございます」と言ってました
手に書いてたんでしょうね~(笑 ほのぼのしました。

あ!ミンヒョクくんがおしゃべりする時は、ヨンファ兄さんは、ジョンシンくん(ベース)の近くにいって
ミンヒョクくんがよく見えるように気をつかってました!
さすが、A型さんです(笑


あくまで、私の印象なので、全然違う~!!というツッコミは、なしでお願いします(笑


ヨンファ兄さん「100回ライブをやったら、100回・・・。」
言葉につまるヨンファ兄さん。
「そうですね~。」
ヨンファ兄さん「そうですね~(笑 100回ライブをやったら、100回・・・。」
仕切りなおして、もう1回言う ヨンファ兄さん(笑

この後、ヨンファ兄さんイイこと言ったと思うんですけど、忘れちゃった(笑

MCを全部日本語でしゃべろうとする、メンバーは、本当にすごいなと思います。
日本語が出てこなくても、一生懸命思い出してしゃべろうとしてました。
思わず、韓国語が出たりしないとこが、すごいです。

私、ずっと前に英会話を習ったことがあって(ブログで書いたかも)
その時に、英語しかしゃべっちゃいけないってなったら
無口になりましたもん(笑 言いたいことがあっても、英語が出てこないのよ~(笑
でも、先生がやたら、私に話しかけてくるんですよね~(笑
とにかく、何か答えろと(笑

韓国では音楽では、あまり稼げないから、(ライブとかは、無料招待制とかだったりするんですって~)
日本や、中国に進出するために、日本語とかをデビュー前から勉強するって
雑誌に書いてありました。

あ!新曲のお話しの時だったか
ヨンファ兄さんが「英語の深い歌詞は書けない」みたいなことを言ってました
な~んだ!みんなそうなんだ~みたいな(笑

ジョンヒョンくん「Try again,Smile again(新曲のタイトル)カンタンデスネ~
          kimio♪kimio♪kimio♪ 日本語もカンタンデスネ~」
カンタン♪カンタン♪ カンタンが一番!(笑

ジョンシンくん(ベース)だったかな?「憧れのZeppでライブ出来てうれしいです。」と。

あと、ジョンシンくん(ベース)とミンヒョクくん(ドラム)が「スキルアップしたい」と言っていて
そのMCを聴いていて、ああっ。w-inds.と一緒なんだな~と。

もちろん、バンドだから、w-inds.とジャンルは、違うけど
ん~。なんていうんだろう、韓国でデビューして1年目のCNBLUEと
今年10周年のw-inds.

w-inds.が、いつまでも初々しく感じられる理由がわかったような~。
(私の言いたいこと伝わりますか?)

上手く言葉で表現できないんですけど
絶対、応援したくなりますよね!!w-inds.もCNBLUEも


「ウェットリア」という曲
日本語で、ひとりぼっちっていう意味なんですけど
最初の曲の始まりを♪ひとりぼっち ひとりぼっち♪と日本語で歌うヨンファくん
思わず、笑ってしまいました(笑




ソロコーナーがあり、順番にメンバーが楽器を弾いていきました。

んで、その時弾いてた曲名のことかな~?
曲のタイトルは、ナンデスカみたいな話になり

ミンヒョクくん(ドラム)「ひちゅまぶし~!!!」
ぶは~(笑
ミンヒョクくん(ドラム)「3回 3回」
(ひちゅまぶしは3回に分けて食べるからってことが言いたかったんだと思われます/笑)

ミンヒョクくん(ドラム)「(曲のタイトルがひちゅまぶしって)みなさん、ジョウダンですよ?」
知ってるぅ~(笑



新曲のお話しの時だったかな~?
「ドラムのカッコイイとこがあるから、その時は、ミンヒョクくんを見てください」って
お話しがあり
ミンヒョクくん(ドラム)「ヨンファ兄さんは、ゼンブカッコイイです!」
ジョンヒョンくん(ギター)「(ミンヒョクくんに)うそちゅきです!」
発音がかわいい~(笑 韓国の方は、日本語の「つ」の発音が難しいのでしょうか?



ジョンヒョンくん(ギター)「新曲、最初は、僕の曲が先行曲でした。みなさん、シラナイデスカ?」
はい。初耳です(笑

ジョンヒョンくん(ギター)「ヨンファ兄さんの作った曲が冬っぽいのと新年にふさわしいということで」
ヨンファ兄さんの曲が1曲目になったそうです。



今年の目標を言ってこ~ということになり
ジョンヒョンくん(ギター)「CNBLUEの曲でみんなをしあわせにしたいです」
おおっ~!!
ジョンヒョンくん(ギター)「今のカッコイイです!!」
自分で言っちゃう?(笑

ミンヒョクくん(ドラム)「僕の夢は・・・。」
目標が、夢に変わったので、お客さんが、ワ~ワ~(笑
ミンヒョクくん(ドラム)「僕の夢は・・・。」
ワ~ワ~

ミンヒョクくん(ドラム)「俺の夢は・・・。」
主語が間違ってるのかもと、「俺」に変えるミンヒョクくん(笑

お客さん「目標!!」
ツッコミ!(笑


「みなさんの目標は、なんですか~?」
ワ~ワ~ワ~ 思い思いに目標を言うお客さん(笑

ジョンヒョンくん(ギター)「ヨンファ兄さん(客席に)マイクを!」
ヨンファ兄さんを使うジョンヒョンくん(笑

ヨンファ兄さんが、客席にマイクを向ける
お客さん「ライブにいっぱい行く!」
私も~。私も~。私も~。w-inds.のライブだけど(笑

ジョンシンくん(ベース)「カッコイイです!今のカッコイイです!」


ヨンファ兄さん「今日は、アンコールありません。」
ええ~!!!
ヨンファ兄さん「毎回アンコールありません。」
いじわるだ~(笑 ヨンファ兄さんからも どSのにおいがしまっせ(笑

アンコールはね~。
お客さんが「CNBLUE CNBLUE CNBLUE」ってコールするの~。
おおっ!!バンドっぽ~い☆(←バンドだから/笑


あとね。あとね。
龍一くんが、外タレのライブは、フゥ~~~!!!ってお客さんが言うんだよって
w-inds.tvで言ってましたが

本当に、お客さん、 フゥ~~~!!!って言ってました~(感動


あとは、お客さんが、韓国語の曲をバッチリ一緒に歌ってて
すごいな~と思いました!
私、勉強不足で、すみません(笑
韓国語、難しいも~ん。 


アンコール
一番最初の曲で、ヨンファ兄さんがDJやってました。

ライブグッズにWarmerセットっていうのがあって
帽子みたいなのに、ポンポンがついててね
画像

そのポンポンのひもを目の下に持って「涙」とふざけるジョンヒョンくん(笑
最初、「目」って言ってて
あとから「これが目だったらコワイデスネ~」と言ってました(笑

ヨンファ兄さんの後ろに回って、ヨンファ兄さんの目にもポンポンのひもを持っていって
涙をつくるジョンヒョンくんは、結構チャレンジャーだな~と思いました(笑


ヨンファ兄さん「(ジョンシンくんに)次の曲はなんですか?」
ジョンシンくん(ベース)「○○でした。」
ジョンヒョンくん(ギター)「でした? ですでしょ!」
正しい日本語を教えるジョンヒョンくん。 ジョンヒョンくんが一番日本語が上手いのかな~?

ジョンシンくん(ベース)「(ジョンヒョンくんに)コロス!」
怖ひ(笑

他にも
ジョンヒョンくん(ギター)が「(ジョンシンくんのことを)ヨンファ兄さんの彼女です」とからかう(笑

ジョンシンくん(ベース)「コロス!」

ジョンシンくん(ベース)は、ライブ中にスピーカに足をかけてベースを弾く姿が見られて
ベースで、スピーカーに足をかける人って珍しいな~なんて思いました。
あと、ベースをタオルで、何回もふいているのが印象的。
汗?(笑 そりとも潔癖症?(笑




アンコールラストの曲は、「a.ri.ga.tou」
日本語で、「ありがとう」の言葉が一番美しいというお話しを聴いたか何かで読んだかしましたが
この曲で日本語の美しさを再認識しました。

外国の方は、とても丁寧でキレイな日本語を使われますよね~
私も日本人として、キレイな日本語を使いたいな~と思いました。

「ありがとう」は、自分が言っても、誰かに言われても、うれしい言葉ですね(^^)

この曲は、ジョンヒョンくん(ギター)がメインボーカルみたい。
曲の間奏で、ジョンヒョンくん(ギター)が「今日は、プレゼントがあります」
え?何?何??わくわく☆


ジョンヒョンくん(ギター)「プレゼントです」と
歌詞の2番かな?ヨンファ兄さん、ジョンシンくん、ミンヒョクくんと順番に歌ってくれました。
お客さんは、キャ~キャ~喜んでました。


CNBLUEの曲は
ヨンファ兄さんの歌は、もちろん
ジョンヒョンくん(ギター)がメインボーカルの曲も結構あったし
ジョンシンくん(ベース)も歌ってたし、ミンヒョクくん(ドラム)も歌ったてたし
メンバーそれぞれが主役みたいなバンドでいいな~って思いました。

誰を見ていいか迷うわ~みたいな(笑

そう、ドラムも普通だったら、ボーカルやギターと同じ高さだと思うんですけど
ドラムが結構高い台の上に乗ってて、よく見えるんですよぉ~。


全部の曲が終わり、メンバーが手をつないで
右・真ん中・左と順番にお辞儀をしてご挨拶。

その後だか、前だったか、グッズのタオルを投げるメンバー。
ジョンヒョンくん(ギター)「今日は、2階に届けます!」
ミンヒョクくん(ドラム)「野球選手になるのが夢ですが、(2階に届けるのは)絶対無理!!」
1回目ジョンヒョンくん(ギター)が投げたのは、すぐ近くに落ちたかな?(笑
その後、もう1回投げたら、おしいとこまでいったみたいです。
メンバーの反応からそんな気がしました。私、メンバーのいない後ろは、振り向かない主義(笑


CNBLUEのライブ、楽しかったで~す

あ!そういえば、ライブが始まるのを待ってた時に
Zeppのスタッフさんが、ジュースやらお茶を持ってきて
「飲み物に交換していない人はいませんか~?」と聞いてくれたので
そこで、コインと飲み物を交換できました~。
いつも飲み物交換に時間がかかるから、なんて、素敵なシステムと思いました。
私は、飲み物を引っ掛ける柵があったからね~(笑
柵がなきゃ、ライブ中重くて持ってられないから、交換しないけど~(笑


ライブが終わった後、なんか、腕が痛いな~と思ってたら
前の柵に力入れてもたれてたみたいです(笑

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック