喜久子お姉ちゃんと私の会話☆

さきほど、喜久子おねえちゃんから、電話がかかってきました~

私の携帯の「Energy」が鳴りました。
私の予想では、スタッフの方が、最初、電話をかけてくると思っていたので

いきなり喜久子おねえちゃんの声で
「○○○○○さん(←私のフルネーム)の携帯電話ですか?」
と聴かれた時には、びっくりしました~(笑

私「はい。そうです。」

お姉ちゃん「井上喜久子 17歳です。うふふふ・・・。」

私「おい。おい。」
ツッコミの声がちょっと小さかったかな?(笑

私「こんばん・・・ こんにちは~。」
緊張からあいさつを間違える私(笑

お姉ちゃん「こんにちは~。おひさしぶりです~。」

私「お姉ちゃんに質問してもいいですか?」

お姉ちゃん「うん。どうぞ~。」

私「あの。お姉ちゃんは、シャンプー何を使ってますか?」

お姉ちゃん「いろいろ使ってるの~。髪の毛が長いから、シャンプーっていうよりトリートメントを
       いろんなのを試してるの。ロクシタン(←たぶんそう聞こえた/笑)って知ってる?」

私「知らないです。」

お姉ちゃん「昨日はね。ロクシタンっていうお店のハーブを使ったシャンプーとトリートメント」

私「へぇ~。」

お姉ちゃん「あとは、ツバキ」

私「あれ、サラサラになりますよね~。」

お姉ちゃん「○○○ちゃんは、何使ってるの?」

私「エッセンシャルです。あの。しょこたんが宣伝してる。」

お姉ちゃん「あ~。しょこたんのね~。私、エッセンシャルのオレンジの○○(←なんだったか忘れました/笑)」

私「あ~。ありますね~。」

お姉ちゃん「大丈夫だった?」

私「はい。」

お姉ちゃん「私、あれを使ったら、髪がゴワゴワになったの~。
       合わなかったのかな~? なんか。女のコの会話って感じでいいね~。」

私「そうですね~(^^)」

お姉ちゃん「ね~。」

私「ほっちゃんは、お元気ですか?」

お姉ちゃん「元気!元気~。」

私「おいくつになられたんですか?」

お姉ちゃん「えっとね。もう小学校6年生」

私「ええっ!!早~い じゃあ。来年は、中学生ですね~。」
あたりまえやっちゅ~ねん!(笑

お姉ちゃん「早いね~。バレエを習ってて、今、送ってったとこなの~。」

私「バレエって、ダンスのですか?」

お姉ちゃん「そう。」

私「すご~い。」

お姉ちゃん「もうね。(ほっちゃんは)女のコの会話をするの。そう。楽しい。
       あ。ちょっと待ってね。ちょっとだけ待ってて。」

ガサゴソガサゴソ。

お姉ちゃん「ごめんね~。」

私「大丈夫ですか?」

お姉ちゃん「ちょっと諸事情ってやつ?(笑」


私「4月に 姉の赤ちゃんが生まれて」

お姉ちゃん「おめでと~。」

私「今、一緒に住んでるんですけど。」

お姉ちゃん「かわいいよね~。何ちゃんっていうの?」

私「○○って言います。」

お姉ちゃん「じゃあ、○○ちゃんって呼んでるの?」

私「はい。」

お姉ちゃん「赤ちゃんいいよね~。」
       


私「あの。のいちごライブ、名古屋でもやってください。」

お姉ちゃん「そうだよね~。がんばる~。」

私「がんばってください。」

お姉ちゃん「ごめんね~。もう時間なの~。3分って早いね~。
        あと30分くらいしゃべってられそうだよね(笑」

私「はい。ありがとうございます。」


お姉ちゃん「あ。ちょっと待って。1つだけ言わせて。
       ちょっと早いですけど、5月14日お誕生日おめでとうございます。」

私「ありがとうございます~。」

もっといっぱいしゃべったと思うんですけど、私が覚えてるのは、こりが精一杯です(笑


喜久子おねえちゃん、とってもテンション高くしゃべってくださって
そして、とても優しかったです~(感動
喜久子おねえちゃんから、自分の誕生日を祝ってもらえるなんて
とても、うれしかったです。

生電話を選んで良かったですぅ~。
自分が、思ってたよりは、緊張せず、落ち着いておしゃべりできたと思います。


喜久子おねえちゃん、本当にありがとうございました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック